*ホワイトボードより転載

2001-4-1 No.615 Cattyさんより

こんにちは。セブロCXをここのHPで見つけて即座に近所の店で捜索・購入してしまったサバゲ2ヶ月目の初心者です。

この2月からサバゲをはじめたときにSIG550を買ったのですが、取り回しが悪く(いつも参加しているところのブッシュが濃いんです)MP5とかほしーなーと思っていました。
と、ここのHPで雷閃を見つけて、「これかっこいい!」と思い購入して作ってみました。

そこで、これから作る人の為に注意点をと思い、投稿いたします。

ますはキットの方。

・M16とはまり込む所(前の3段になっているところ)は少し削っておきましょう。はめ合いが微妙でしたので。
・マズル部分はそのままだとインナーバレルががたつくのでパッキンになるものをつけてしまいましょう。私はホームセンターで120円の「水道用塩ビ管の中継」(外径16、内径10だったかな?。全長3センチ)を接着しました。
・グリップ下のM16のグリップ底板のねじが入るところ(前側)を削っておきましょう。組んでみると分かるのですが、接着してしまうと底板をはめるときにひっかかってしまいます。
・右側のポートの部分はそのまま組んでしまうと開かないので、キットを削るかもしくは、組む時に開いて組み付けるかしましょう。

苦労するのはM16の方だと思います(苦笑)
・ストックのはまっていた所は綺麗に削り取っておきましょう
・キットとあわせるところ(前の3段になっている所)は余分に削りましょう
・バレルは自分で切るととても面倒なので(笑)、既製品のMP5K(クルツ)のを購入しましょう。安ければ1000〜2000円程度です。

やはり大変なのは、M16との合わせる部分だと思います。根気よく何度も仮組して削ってみてください。キットはあまり削らないようにね。

それから、個人的に工夫してみました。

1)接着するとメンテナンスができないので、しませんでした。(グリップはしました)代わりに、フロントグリップ下を1センチほどパテで埋めてねじ孔を空け、M3のボルトとナット(キットに入っているフロントを締めるねじと一緒)で止めるようにしました。
その為、後ろもねじだけだと合わせが甘いので、径6ミリ(内径5ミリ)の真鍮管を全長6ミリに切断し、ねじをはめる前に入れました。
それから、どうしてもフロントグリップの上に隙間が開くので、アクリル板を幅4ミリで切り、貼り付けました。(あら隠しです。苦笑)

2)バレルが短くなるとシリンダ容量過多になるとありましたが、ボアアップしたような状態と思えなくも無いかと思っていました。でもやっぱり弱くなりました(笑)そこでM100程度のスプリングを入れました。この程度ならばメカボックスにも負担がかかりません。1Jにも余裕でおさまります。

以上のような感じで作りました。
製作する前は電動ガンの中身なんて分かりませんでした。(だって存在すら知らなかった)でも、メカボックスやM16のばらし方は調べればあるものです。(ネットよありがとう)おかげで初心者な私でも、メカBOXをばらすことができました。でも、作る方は気をつけてください。あくまで自己責任ですからね。

今後の課題は、肩から下げられるようにすることですね。

で、実際にゲームに使用してみました。
・フロントの握りがよく取り回し抜群!(クルツよりいいと思いました)
・M16ベースなので、マガジンが借りられる(苦笑)
・片手でも撃てます。(ちょっとつらい)
・匍匐前進しやすいです。(おいおい)
・ダッシュしやすいです。(突撃〜)

欠点としては
・バッテリーが代えにくい
・「ちゃんと飛ぶの?」と聞かれる(苦笑)
・ゲームで使うとラバーはぼろぼろになる。(メディコムの馬鹿ぁ)

でした。

それから、強度云々ですが。気になりません。実際放り投げたりしましたが(おい)岩の上でもない限り大丈夫かと思います。使ってるときも軋むようなことはありません。(設計いいっすね〜。応力集中を避けるって結構大変ですよね。

手間とお金はかかったけど(塗料ってなんで高いの?)実用的なものができて満足してます。こんなものを製作していただいた技研さんに感謝です。

見づらい文章でごめんなさい。今後もがんばってください。特にゴングには期待しています。

それでは。

(大日本技研)
雷閃のお買い上げ&製作レポート、ありがとうございます。 実際にゲームを使った上での御意見ですから、参考になります。

>今後の課題は、肩から下げられるようにすることですね。

書くのをすっかり忘れて(笑)いましたが、六角のところが輪っかになっているボルトがあります。 これをエンドキャップとマズル部を止めるネジと交換すれば、バレル側面と後ろをスリングで繋ぐことができます。

このボルトはけっこう特殊なので、ホームセンター等で特注するとか、機械工具の専門店いくかしないと入手しにくいと思います。

・バッテリーが代えにくい

ネジで止める点は変えにくいんですが、コードを取り回すのに手間がかかるのなら、思い切って短くしてしまう手があります。

>・ゲームで使うとラバーはぼろぼろになる。(メディコムの馬鹿ぁ)

ラバー塗料は食い付きが悪く、はしっこから剥がれてきますから、ゲーム用には向きません。 スエード調スプレーをお勧めします。


ここからは、2001/4/12のINDEX日記からの転載です

それから、お約束の写真&追加説明です。(写真は小さくしました)
「写真名」:解説  となっております。

「パーツ」:追加で使ったパーツです。左がマズルに使った水道管(笑)です。
外径13内径9です。右がリアに補強で入れた真鋳パイプです。

「マズル」:で、そのマズルです。塩化ビニルなので、塗料ののりが悪いです。
接着も専用でないと、衝撃ではずれます。

「リアパーツ」:真鋳パイプを入れたところです。

「フォアグリップ止」:追加で入れたネジの部分です。フォアグリップの下になります。
中にはエポキシパテを詰めてます。あまり入れるとバッテリーと干渉します。

「全体」:全体写真です(笑)塗装は全体をGスミスの鉄色倶楽部(黒組)。
スライドにあたる部分は、同(青組)。マズル上とリアはメディコムのガンメタルです。
実践向けに黒目にしました。

「伏せ撃ち」「立射」:実際にゲームで使ってるところです。使い方はMP5系と同じですね。
フォアグリップ分だけ使いやすいと思う。

以上です。よろしくお願いいたします。

と、いうことで製作レポートを募集中です



back