セブロ C−X SEBURO C-X
名称
ITEM
セブロ C−X
SEBURO C-X
出典
ORIGINAL
アップルシード(©士郎正宗・青心社)
APPLESEED(Shirou masamune/Seishinsha)
スケール.サイズ
SCALE.SIZE
1/1
268mm
価格
PRICE
18900円(本体価格18000円)
18000yen
備考
REMARK
 シアの加工により、フルオートでの射撃が可能です。
 マウントを介して、ダットサイトが取り付けられます。
 スライドが発射サイクルごとにブローバックします。
 *ニューバージョンのマルゼン・ワルサーPPK/Sに対応しています。
絶版

Our company is not selling overseas the product.

A Dot-sight is mounted through a mount.
It can do blow-back.







セブロ C−X組み立て説明書 (assembly instructions of "SEBURO C-X" )
セブロC−X ロングバレルカスタム (陸奥あずま)

追加パーツ (Additional parts)

セブロC−X用・無可動用追加パーツ
無可動セブロC−Xを製作するためガスガンの代替となるパーツです。
  2000円。 通販できます。通販コーナーにて、ご注文下さい。

For SEBURO C-X・ additional parts for display model


画集INTRON DEPOT1の9ページ、38ページに掲載されている、セブロC系列のガンをベースに下記の設定を考えてデザイン。
マルゼンブローバックPPK/Sをフルオートに加工して、内部ユニットに使用。PPK/Sのスライドをキットのスライドに接着、発射サイクルごとにスライドがプローバックする。
マガジンはPPK/Sのをそのまま使用。キットマガジンはダミー。中空なので、大容量ガスタンクや多弾数マガジンのユニットを組み込むことが可能。

Thought about the following setting, and designed SEBURO of c-series, which is appeared at 9 and 38 pages in "INTRON DEPOT". Use a blow back PPK/S of Maruzen. And you convert it into being full.
Glue a slide of PPK/S together in a slide of a kit, so a slide will be able to blow back in every cycle.
A magazine uses of PPK/S. A magazine of this kit is a dummy.
It is a hollow , so you can build in a large volume gas tank or insert many bullets.


設定 (setting)

■セブロ社、Cシリーズ開発チームの設計による試作機。ベレッタ93R、グロック18のようなフルオートハンドガンのマーケットに向けて開発された。
これまでのフルオートハンドガンは構造上、マガジン容量を増やすほど携帯性が損なわれる欠点がある。これをCシリーズの特徴であるブルバップ、くの字型マガジンによって補うというのが、開発コンセプト。

■カートリッジはP90等に使われる5.7ミリのショートバージョン、「5.7ミリコンパクト」弾を使用。

*5.7ミリコンパクト
オリジナル5.7ミリの性能をそのままに、ケース長を切り詰めた弾丸。
炸薬容量の減少は、高圧縮充填技術の採用と助燃バインダ(バインダ:ここでは、炸薬粒をつなぐ粘結剤)の開発により補い、オリジナルとほぼ同じパワー、弾道曲線を持つ。
助燃バインダの燃焼により、ステージガン並みのマズルブラストが発生する。このため、これを最初に採用したC−XはCompact-eXploder(explode:(火薬が)爆発する、破裂させる)の愛称が与えられ、後に製品名となった。

■マガジン容量は30発。米国向けに10発制限のマガジンもある(笑)。当然、一般市場向けの製品はフルオート機能を外してある。

■フロント、リアサイト間の距離がとれないため、レーザーサイトがフレーム下に標準装備される。

A prototype by a design of a C-series development team in SEBURO company.
It was developed toward a market of a full-auto hand gun as GLOCK18 and M93R.
There is the weak point that conventional full auto hand gun is too difficult to carry it.(Because the structure of magazine volume is increasing.)
It is development concept that supplement this by a bull-pup style that is uniqueness of C series.
A cartridge uses short version of 5.7mm which is used by P90.The 5.7mm compact is the bullet which has performance of original 5.7mm. Decreasing powder is supplemented by adoption of high compression technology and development of a sub-combustion binder.
By sub-combustion binder, muzzle blast looks like a stage gun.
This is why, a pet name of Compact-eXploder was given, and became a product name later.
A magazine volume is 30rd. There is a magazine of ten limits to the U.S.A., too .
Of course, a product for a general market is excepted a full auto function.
Because of a distance between rear and front sight, a laser sight is equipped under a frame.

 







6Fに戻る1Fに戻る